**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飢餓海峡
飢餓海峡 [DVD]飢餓海峡 [DVD]
(2007/06/01)
三國連太郎高倉健

商品詳細を見る



■題名■飢餓海峡 1965年 【日本】
■原作■水上勉
■監督■内田吐夢
■脚本■鈴木尚也
■音楽■富田勲
■出演■三国連太郎/左幸子/伴淳三郎/高倉健/加藤嘉/沢村貞子

『接吻』の小池栄子の演技は、女優としては大したことない。と感じた理由は、
『接吻』の前に、『飢餓海峡』を観たからだ。

凄い演技というのは、
『飢餓海峡』の左幸子、三国連太郎、伴淳三郎のように、
心に染みとおるような、観終わった後に思い返してグッとくるレベルでないとイケナイ。

映画版『飢餓海峡』はそういう意味で、尋常じゃない。
主役級だけでなく、出演俳優全員(小さな脇役に至るまで全て)のレベルの高さにひたすら驚愕する。
物凄~く若い高倉健と枯れた風情の伴淳三郎の掛け合い、
父親役の加藤嘉、娼妓の女将役の沢村貞子、その旦那役…等、どれもが印象的だった。
それから、音楽(というか効果音)が独特だな…?と思ったら、冨田勲でこれまたビックリ。

映画版『飢餓海峡』のような、何から何まで、全くケチのつけようがない映画は、本当に久しぶり。
しみじみ、昔の日本映画のレベルの高さを実感させられた。

実は、三国連太郎の役を山崎努、老刑事を若山富三郎が演じる
『飢餓海峡』の連続ドラマを観たことがあり、
これまでの私にとって、『飢餓海峡』=山崎努!だった。

それが、この映画版を観て、完全に『飢餓海峡』=左幸子!!!になってしまった。
三国連太郎・伴淳三郎も、素晴らしい怪演・名演だけど、
「切った爪に欲情する左幸子」「三国連太郎にむしゃぶりついて殺される左幸子」は、
鬼気迫る純粋さというか、一途さに圧倒されるばかり。
こういう凄みにある女優さんが、今の日本に1人もいないのが寂しい。

ところで、
最近の日本映画界は、過去の名作をリメイクした『安っい駄作』が大流行りしている。

黒沢明の名作が、次々と餌食にされているのは、遺族の金儲けだから仕方ないとはいえ、
『私は貝になりたい』なんて、なぜ今更映画でリメイクするのか、ワケがわからない。
仲居クンが主演したTV版の『砂の器』が、成功したからなのかも?しれないが、
誰もが知っている名作を、わざわざ駄作にリメイクするのは止めて欲しいような気がする。

そういえば、大昔、所ジョージも『私は貝になりたい』のTV版リメイクに主演していたけど、
母親は、「ニヤけた所ジョージはフランキー堺の足許にも及ばない!」と不愉快そうだった。
感動したドラマ・映画を、リメイクで汚されるのって厭なものなのだ。

1965年公開の『飢餓海峡』(モノクロ)は、映画版のリメイクはまだない。
なので、この誰もが知る名作が、安易な駄作リメイク♪の餌食になる可能性は十分…ある。
TV局とタイアップして、リメイクを計画する大手芸能事務所とか…あるのでは?
な~んて邪推を禁じ得ない。

思い当たる「邪推」配役は…
三国連太郎の役→息子・佐藤浩市(断る可能性大)、渡辺謙、豊川悦司、阿部寛あたり。
老刑事の役→北野武(断らないor断れない可能性大)
左幸子の役→宮沢りえ・米倉涼子・小雪・篠原涼子…あたりかなぁ。

計画はまだナイみたいだけど…駄作にリメイクするのは、絶対、絶対、ヤメて欲しいー!




接吻
接吻 デラックス版 [DVD]接吻 デラックス版 [DVD]
(2009/02/25)
小池栄子豊川悦司

商品詳細を見る


■題名■接吻 2006年 【日本】
■製作■仙頭武則
■監督■万田邦敏
■脚本■万田珠実
■出演■小池栄子/豊川悦司/仲村トオル/篠田三郎

映画史上誰も見たことがないラスト&小池栄子が凄い!
という前評判に興味を惹かれて観てみた。

確かに、グラドル・バラドル出身の小池栄子は確かに『女優』として頑張っている。

でも、彼女を女優としてみると、演技はそれほど『凄く』ない。
あの演技がそんなに凄い!なら、日本の女優のレベルってどんだけ低いの…?って話になる。
吉本芸人の宮迫やキム兄とかが、『俳優』としてやたら高く評価されているのと同じで、
芸人・アイドルとしてみれば、演技が上手で味があるかもしれないけど、
俳優としてみると、そんなに巧くない…というレベルに過ぎない。

豊川悦司は、例によって「またか!」な役。

もう、何度目だろう、こういう役の豊川悦司って。
正直言って、この種の役ばかりやりすぎ。
「また殺人鬼・異常者の役?」って感じで、興醒めしてしまう。
仲村トオルが演じた独善的な弁護士を、トヨエツが演じたほうが面白かったかもしれない。

…しかし、
そもそも豊川悦司は映画に出すぎではないか?とも思う。
あんまり映画に出演しまくっているから、
「ま~たトヨエツか…」とか、「なんでこの役がトヨエツ?」と感じてしまうのだと思う。
(私だけかもしれないけど)

とにかく、
豊川悦司だから♪という理由で映画を観に行くようなファンって…もうそんなにいないのに、
やたら映画に出演しまくってるのが不思議でならない。

以下、ネタバレを含んだ感想です~★
つづきを表示

クローバーフィールド/HAKAISHA
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/05/22)
リジー・キャプランジェシカ・ルーカス

商品詳細を見る


■題名■クローバーフィールド/HAKAISHA 2008年 【米国】
■監督■マット・リーヴス
■出演■マイケル・スタール=デヴィッド/マイク・ヴォゲル/オデット・ユーストマン
      リジー・キャプラン/ジェシカ・ルーカス/T・J・ミラー
■製作■J・J・エイブラムス

お金の掛かった「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」という感じの手ブレ映画。
登場人物の誰にも感情移入は全く出来なかったけど、
日本の「ゴジラ」に対するオマージュ映画として見ると、それなりに面白かった。

クローバーフィールドのクローバーは、
放射線マークの「クローバー」からきているそうで…

放射線マーク

クローバーフィールドという題名は、核兵器を使用した土地という意味。
ビデオが「かつてセントラルパークと呼ばれていた地域で回収」とされ、
主人公の転勤赴任先が、唯一の核兵器被爆国である日本だったり…等、
ビデオに登場する主人公達が、「謎の生物」と「核」により、
悲劇的な結末に終わることが、冒頭から暗示されています。

だけど、
主人公達の行動パターンが幼稚というか、直情というか、余りにも無謀すぎるので、
感情移入が殆どできなくて困りました。
最近、主人公が敢えて危険を冒す時の動機付けが弱い映画が多いような…

せめて、ビデオを回し続ける友人男性の設定は、夜間モードも知らない機械オンチでなく、
「何でも録りたいオタク」にしておかないと説得力が無いと思います。

◆ここからはネタバレ◆
つづきを表示

28週後…
28週後...(特別編) [DVD]28週後...(特別編)
[DVD]

(2008/12/05)
ロバート・カーライル
ローズ・バーン

商品詳細を見る


■題名■28週後… 28 Weeks Later 2007年 【イギリス】
■監督■ファン・カルロス・フレナディージョ
■出演■ロバート・カーライル/ジェレミー・レナー/ローズ・バーン/キャサリン・マコーマック/
      イモジェン・プーツ/マッキントッシュ・マッグルトン/
■製作総指揮■ダニー・ボイル
■公式HP■http://movies.foxjapan.com/28weekslater

「28日後…」の続編。
導入部はとても良かった。
主人公だとばかり思っていたロバート・カーライルが、恐怖の余り妻を見棄てるシーンを観て、
前作のように、ゾンビより人間の業の深さのほうが恐ろしい…という展開?と期待でドキドキ…

だけど…残念ながら、この続編にはそういった感傷は皆無。
人間ドラマになりそうな素材が揃っているのに、演出が浅くてヌルイのだ。。。

ゾンビ物としてはとてもよくできている。
ゾンビのコワさでは、続編のほうが勝っているし、
血が出るシーンも続編のほうがリアリティがあってグロいし、街中が燃え上がるシーンもダイナミック。
カメラワークも凝っているし、テンポの早い展開は息つく暇もないホド。
サントラも前作に続いてかなりカッコ良い。

だから、主人公に感情移入できないのが、本当に勿体ない。

主人公の姉弟が、とんでもなく無軌道なのは、「幼さ」のせいにできるけど、
彼等の父親と軍隊が、アリエナイようなバカに見えてしまうのは、演出のせいだ。

前半の父親と軍隊のバカさ加減が、せっかくの恐ろしさが半減させている。

迷惑なバカ一家と無能な軍隊の為に、
犠牲者が増えれば増えるほど、ゾンビの数が増えれば増えるほど、
恐ろしいのに…興醒めしてしまう、とてもとても残念な映画でした。

◆◆以下、続きはネタバレありです◆◆
つづきを表示

黒い家 韓国版
黒い家 スペシャル・エディション [DVD]黒い家 スペシャル・エディション [DVD]
(2008/09/05)
ファン・ジョンミンカン・シニル

商品詳細を見る


■題名■黒い家 BLACK HOUSE 2007年 【韓国】
■監督■シン・テラ
■出演■ファン・ジョンミン/カン・シニル/ユソン/キム・ソヒョン/
■原作■貴志祐介

久し振りの更新~☆
バタバタしていましたが、映画を観る余裕ができたのでボチボチ更新するつもりです。

で、韓国版の黒い家ですが、
なんか普通のホラー映画という感じで、私には物足りなかったです。
上手な映画だけど、演出が上品すぎて…全然、怖くなかった。
韓国なら、壊れた女の毒々しい恐怖を日本よりエゲツナク描くのでは?と期待していたのに、
オーソドックスなホラーで、ちょっとガッカリしてしまいました。

何に一番ガッカリしたかといえば、壊れた女を演じる女優が美人すぎること。
韓国では美人でない女優がいないのかも?しれませんが、
憂い顔の美女が菰田幸子を演じるなんて…怖くもなければ面白くもない。
一見普通の主婦にみえるだらしない女が、とんでもなく壊れているから怖いのに。
…せめて主婦っぽく見える女優に演じて欲しかったです。

以下、追記で、ネタバレ&不満の数々~★
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。