FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバーフィールド/HAKAISHA
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/05/22)
リジー・キャプランジェシカ・ルーカス

商品詳細を見る


■題名■クローバーフィールド/HAKAISHA 2008年 【米国】
■監督■マット・リーヴス
■出演■マイケル・スタール=デヴィッド/マイク・ヴォゲル/オデット・ユーストマン
      リジー・キャプラン/ジェシカ・ルーカス/T・J・ミラー
■製作■J・J・エイブラムス

お金の掛かった「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」という感じの手ブレ映画。
登場人物の誰にも感情移入は全く出来なかったけど、
日本の「ゴジラ」に対するオマージュ映画として見ると、それなりに面白かった。

クローバーフィールドのクローバーは、
放射線マークの「クローバー」からきているそうで…

放射線マーク

クローバーフィールドという題名は、核兵器を使用した土地という意味。
ビデオが「かつてセントラルパークと呼ばれていた地域で回収」とされ、
主人公の転勤赴任先が、唯一の核兵器被爆国である日本だったり…等、
ビデオに登場する主人公達が、「謎の生物」と「核」により、
悲劇的な結末に終わることが、冒頭から暗示されています。

だけど、
主人公達の行動パターンが幼稚というか、直情というか、余りにも無謀すぎるので、
感情移入が殆どできなくて困りました。
最近、主人公が敢えて危険を冒す時の動機付けが弱い映画が多いような…

せめて、ビデオを回し続ける友人男性の設定は、夜間モードも知らない機械オンチでなく、
「何でも録りたいオタク」にしておかないと説得力が無いと思います。

◆ここからはネタバレ◆
突っ込み処が満載の映画ですが、細かいことはまぁ…いいです。
ただ、主人公がGFの許へ危険を承知で、命を懸けて助けに行くのは理解できるけど、
巨大怪獣が現れ、ブルックリン橋が崩れて兄が死んだ後も、
カメラマン役の口うるさい友人&兄のGF&それほど仲良くない女友達が
無謀すぎる主人公の後を追っていく理由付けが、友情オンリーって処は、違和感てんこ盛りでした。

自由の女神の首やブルックリン橋を吹っ飛ばすような巨大怪獣と、
噛まれると感染して死んでしまう小型怪獣が、人をバリバリ捕食してるってのに、
軍隊を振り切って、倒れかけてる高層マンションまで助け行くなんて…ちょっとアリエナイ。

その上、なんとか間に合って乗り込んだ軍のヘリコプターが、
巨大怪獣に襲われて墜落したのに、
軍人は死んでも、主人公と恋人とカメラマン役の友人だけ助かるんですよねぇ。
ビデオカメラも壊れないし。
ここまで来ると、大団円というのに、アリエナイ程の不死身さに、笑ってしまいました。

ヘリが墜落しても歩ける、不死鳥のような主人公3人は、
その後は、あっけなく怪獣に食べられたり、
逃げ込んだトンネルが崩れて死んでしまうわけですが、ビデオカメラだけは生き残る。
最初から、解っていた悲劇的なラストですが、
ビデオが生き残って、それが国家機密扱いになっているということは、
マンハッタン島は消えても、国としてアメリカは残っているということだから、
それなりに、ハッピーエンドでもある。…ということ?ですよね。

気になるのは、
主人公と恋人が身を隠したセントラルパークのトンネルが、
怪獣によって崩れたのか、アメリカ軍の核兵器で崩れたのか?ってこと。

どうなのかなぁ…?と思い立ち、
ちょっとネットで検索してみたら…全く別の情報があることを発見しました。

主人公が赴任する予定だった日本の会社「tagruato」のニュース映像や、
「tagruato」社が発売する謎の飲料「slusho」のCM映像がネットにあるんですね(!)。
…全然知りませんでした。







◆詳しいまとめのHP→clover field

クローバーフィールドにも登場する謎の飲み物「slusho」のキャッチフレーズ
「you can't drink just six」「6杯だけでは物足りない」は、
アナグラムで、「a toxic industry's junk」「有害な産業廃棄物」となるそうです。

「tagruato」社のニュース映像では、
「tagruato」社が海底掘削施設が、環境圧力団体「tidowave」によって爆発され、
数名の行方不明者がでている模様だと報道されていますが、
「tagruato」社の広報は、爆破自体を否定しているのに、
なぜか?原因を、環境圧力団体「tidowave」の仕業と主張しており、
同時期、同じ海域でノルウェー船籍のタンカーが行方不明になっている…という、
なんとも意味不明な映像。

この映像は、時系列では映画より前。
なかなか凝った宣伝方法です。

日本、ノルウェー、環境圧力団体と来て、
環境圧力団体のHPには、鯨(?)のような物体が出てきたり…と、
もしかして、微妙に反捕鯨とか環境問題と絡めてるのかな??と邪推しそうになったけど、
…どうなんでしょう。邪推しすぎでしょうか。

続編があるそうなので、今後の展開が気になるところです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。