**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーン・オブ・ザ・デッド

■原題■DOWN OF THE DEAD 2004年【米】
■監督■ザック・スナイダー
■出演■サラ・ポリー ヴィング・レイムス ジェイク・ウェーバー
メキー・ファイファー タイ・バーレル マイケル・ケリー ケヴィン・ゼガーズ

ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」の現代版リメイク。
カンヌ国際広告映画祭で、金獅子賞(グランプリですね)を獲るなど、
CM業界で多数の受賞を誇るディレクターが初監督しただけあって、
テンポがよくてお洒落な映像&演出。
ゾンビだって、凄く素早い。
ゾンビなのに、まるで意志があるかのように本気で襲ってくる。
怖さを追求したら、やっぱり早いのがイイんだろうけど、
高速ゾンビはゾンビっぽくないから、のろまなゾンビも少し混ぜて欲しかった。

ロメロの「ゾンビ」ファンは、
登場人物が多すぎるとか、盛り込みすぎとか、何かと辛口の評が多いみたいだけど、
「ゾンビ」にそれほど愛着の無い私は、こっちも充分楽しめた。
誰もが知ってるホラーのリメイクを、初監督でここまで撮れたらたいしたものだ。

あのヒッチコックの名作「サイコ」のリメイクで、
「はぁ???」だったガス・ヴァン・サントより、ず~っっと質の良いリメイクだと思う。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。