FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空のマリオネット
星空のマリオネット


■題名■星空のマリオネット 1978年 【日】
■監督■橋浦方人
■出演■三浦洋一、武井一仁、亜湖、牟田悌三、馬渕晴子

暗い映画だ。
青春♪バンザ~イ!!!じゃない。
みるからに貧乏な感じの狭くて汚い家や路地裏で物語は展開する。

リーダーの地位から落魄れた暴走族と、
シンナー中毒の医師の息子(ゲイ)と、
フラフラ遊び歩いている不良娘が、三角関係になるのだけど、
普通の三角関係じゃない。
医師の息子はゲイなので、暴走族の三浦洋一が好きなのだ。
不良娘は妊娠して、暴走族の父親とくっつくしで、
もう~ぐちゃぐちゃ。

結果、なぜだか、虚無感に襲われたゲイ&暴走族が無意味に死んで、
映画は終わっていくのだけど・・・・
70年代の青春映画って、若者が死ぬことで成立する話が多い。
なんでかなぁ・・・
70年安保や学生運動のせいなのかなぁ・・・・

この映画でデビューした
故三浦洋一さんと亜湖さんの存在感は、新人とは思えないほど。
新人なのに演技も巧くて、パワーがある。
今の俳優さんと比べた所で、無意味だけど、
アイドルやモデルあがりには出せない味がある。
亜湖さんなんか、ヨーロッパの女優みたいに平気でバンバン脱ぐし。
この脱ぎっぷりの良さも、70年代だから・・・なのだろうか~☆
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。