**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューマン・キャッチャー


■原題■JEEPERS CREEPERS 2 2003年【米】
■監督■ヴィクター・サルヴァ
■出演■
レイ・ワイズ,ジョナサン・ブレック,エリック・ネニンジャー,
ニッキー・エイコックス,ギャリカイ・ムタンバーワ,

「ジーパーズ・クリーパーズ」の続編で、原題は2になっているのに、
邦題ではなぜか??続編であることを隠しているのが不可解。

少年が大好き!!な監督の妄想が爆裂した映画とみれば、
とても・・・・興味深いものがある。

でも、ホラーとしてはヒネリがなさすぎ。続編はこれで打ち止めかも。
私は一作目のほうが好きだった。

前は大学生の姉弟だったけど、今度は高校生のスクールバス。
バスケットチームとチアガールなんかが、大勢乗ってるから、
登場人物が多すぎて、ストーリが単純になりすぎてしまったのが残念。

たくさんいる高校生たちは、ただの「食べ物」にすぎず、
怪物に対する復讐心に燃える親子も、怪物の「添え物」。
今回の主役は、食べまくる怪物であり、
怪物がチャーミングになった分、怪物以外の役は薄っぺすぎて、
その為に怖さが半減してしまった。

食べられる高校生達が、助かったのか、死んだのか?すらはっきりさせないラストって・・・どうなんだろうか。
ホラーは、攻撃する側より、
攻撃される方に感情移入して観るのが基本だから、
最低限、誰が助かって、誰が死んだか?をハッキリさせて欲しかった。
とっても気持ち悪い終わり方だと思う。

チャーミングで恐ろしい空飛ぶ食人怪物のシリーズ化はこれからも続くのかな・・
でも、ただ怪物が人間を食べるだけの映画ならガッカリ。
前作のように、観客の予想を裏切る演出を増やして、怖がらせて欲しい。

因みに、怪物役をしている俳優さんは、とてもハンサムな方らしいです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。