**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーパーズ・クリーパーズ


■原題■JEEPERS CREEPERS 2001年 【米】
■監督■ヴィクター・サルヴァ
■出演■ジーナ・フィリップス ジャスティン・ロング アイリーン・ブレナン

フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮した、ホラーのブラックコメディ。
「サスペンス・ホラー」と紹介されているようだけど、
サスペンスやホラーを期待して観たらガッカリしてしまう。
正統派サスペンス・ホラーというより、
夏休みのお化け屋敷に怖いのを承知で入って、
大して怖くないのに「キャ~!!」って叫ぶような映画。

後には何も残らないけど、
「そうくるのかぁ・・・やられたなぁ・・」・・・・って少し思うかも。
前半と後半の落差が大きいのは、
観客を裏切る展開で斬新さを狙っているから・・・か?
前半だけなら、サスペンス・ホラーと言えるけど、
後半は・・・全ての期待を裏切る設定なので、
それを面白く思えない人には、ツマラナイ期待ハズレなだけの映画かもしれない。

学生のカップルが春休みに車で帰省するのだけど、
それが恋人同士でなく、姉と弟。というところからして、期待を裏切る設定。

この姉と弟が余りにもバカなために、
「見てはならないものを見て」「してはならないことをする」を連発しまくり、
恐ろしい「怪物」より、
バカばかりする姉と弟が次に何をやらかすか、が怖い。
とにかく次から次へと、して欲しくないことをばかりするから、
「キャーッッ!!ヤメテーッ!!!!」の連続。

ホラー映画によくでる、予言めいたことを言う霊能力者が、
何の役にも立たないの??とか、結構、笑えた。

ラストは、え?そっちを狙ってたの?って少し意外でした。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。