**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

800 TWO LAP RUNNERS


■題名■800 TWO LAP RUNNERS 1994【日】
■監督■廣木隆一
■出演■松岡俊介 野村祐人 有村つぐみ 袴田吉彦

陸上のスポ根モノではないので注意。
恋愛だけでなく、性(同性愛も含む)や階級の違いなどを描いている秀作。
でも、地味なせいか・・・・あまり評価されていない気がする。

同名小説の映画化らしいので、原作本があります。

現在は脇役俳優になってしまった、
YOUの旦那の松岡俊介さんの映画主演デビュー作!
ゲイテイスト映画の範疇に入れられることがあるようだけど、
その点においては、期待ハズレ。
主演の松岡クンが、過去、袴田吉彦演じる先輩との同性愛関係があることを、トラウマとして悩む役柄で登場して・・・・それだけでオシマイ。

ゲイテイストどころか、もう1人の主役である野村祐人クンが、
冒頭から体育館の倉庫でHをしているシーンから始まるので、
無茶苦茶、ストレートな青春映画といったほうが正しいかも・・・・
監督がピンク映画出身のせいか、Hなシーンがわりとあります。
女優さんも、青春映画にしては珍しく脱いでいるしー(驚)

それと、陸上部で中長距離を走った経験がある人なら、
主人公が800mを走るシーンで、あの辛さを思い出すのではないだろうか・・・
私は中学の部活で、イヤイヤ中長距離を走ったので、あの息遣いを聴いただけで、少し心臓がバクバクした。
中長距離を競技で走るのって、地獄の苦しみなのだー(懐)

陸上でのし上がってやる~!という、野心マンマンの女の子の台詞が印象的。
どこか、バブルがはじけた後の空気が漂う映画だった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。