FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アライバル ファイナル・コンタクト
アライバル ファイナル・コンタクト
アライバル ファイナル・コンタクト

■原題■ALIEN HUNTER  2003年【米】
■監督■ロン・クラウス
■出演■ ジェームズ・スペイダー ジョン・リンチ カール・ルイス(!)

最近TVづいてるジェームズ・スペイダーの映画。
この作品以後、映画に出ていないのか、ただ、日本公開されていないのかは、謎。
TVシリーズで変わり者を演じるのもイイけど、早く、映画に復帰して、暗い変な役をやって欲しい。
よくあるエイリアンものですが、B級でお金があまり無いせいか、エイリアンとの戦いがメインではありません。
人間同士の葛藤というか・・・いがみ合いに重点が置かれております。

で、何が気になったって、カール・ルイス
黒人の脇役がなかなか死なないから、なんで?って注意してみると、
芝居が下手でどっか見覚えがある顔で・・・
誰?誰だっけ??どっかで見たことある黒人だけどなぁ???
って感じで、しばらく映画そっちのけで、すっご~く気持ち悪かった。
まさか、カール・ルイスがいるとは思わないから、おバカな私は、なかなか思い出せなかったのだ。

カールは一生懸命の演技をしていた。
俳優として成功したいんだろうなぁ・・・恐らく、演技指導なんかも必死で受けたに違いない。
しかしー、カールには悪いけど、それはムリだと思いますー
だって、緊迫したシーンにカール・ルイスの神妙な顔を見ただけで、笑けてしまうもん。。

カールは、善人役で、最後にフォークを首に突き刺されて死にますけど、
そして、カールは必死に「死ぬ」演技をしてますけど、
血がドクドク出てますけど、
カール・ルイスってだけで、ドキドキしないし、怖くも悲しくもない
金メダリストが死ぬわけないじゃん。
南極にいるわけないじゃん。
カールの必死の顔は、走ってる時に、一杯みたなぁ~ああ、懐かしい~
・・・ってな風に、カールの顔から感じるのは、ある種の郷愁でしかないのだ。

ミスター長島さんが「カール、ハァ~イ!」って、元気なころはよく取材してたよなぁ・・・とか。
どーしても、カールの顔をみたら、オリンピックを思い出しちゃう。

世界的に有名な人を、こんな映画に出したらダメだ。完全にミスキャストでした。
別の部分で有名すぎる「俳優」さんって、難しいんだなぁ・・・

オマケですが、カールはやっぱり・・・ホモっぽいです
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。