FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネネットとボニ
Nenette et Boni


■原題■Nenette et Boni 1996年 【仏】
■監督■クレール・ドゥニ
■出演■グレゴワール・コラン アリス・ウーリ ヴァレリア・ブルーニ・トデッシ
       ヴィンセント・ギャロ

離れて暮らす兄妹の再開と、奇妙な共同生活を描いた映画。
両親の別居で、母親にひきとられた兄と、父親にひきとられた妹が、久々に再開する。
妹は、誰の子だかわからない子供を身籠っていた。

兄役のグレゴワール・コランが魅力的♪彼のファンなら、楽しめる。
監督は、「ガーゴイル」のクレール・ドゥニ。映像が綺麗です☆
女流監督クレール・ドゥニの、お洒落な映画。
人間喰い映画(ガーゴイル)も、お洒落な雰囲気だったけど、この映画もそんな感じ。
おフランスの香りがプンプンする映画でした。

「ガーゴイル」に出演していたヴィンセント・ギャロが、
主人公の兄が妄想に耽る、パン屋の女の旦那さん役で登場していた。
監督さんのお気に入りなのだろうか。

兄役のコラン君が、文句なくイイ!
最後まで観れたのは、コラン君のお陰だ。
特別に誰かのファンでない人が、この映画を楽しめるのかは、不明ですー
はっきり言って、ストーリーはメリハリなく、散漫な感じで、お洒落な映像と可愛い兄役のコランくん以外・・・見所がない。

俳優の魅力と、映像の雰囲気を楽しむ映画です。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。