**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボウリング・フォー・コロンバイン

Bowling for Columbine



■原題■ Bowling for Columbine 2002年【加】
■監督■ マイケル・ムーア
■出演■ マリリン・マンソン チャールトン・ヘストン
     その他大勢のアメリカ人さん達。

アメリカの異常さと異質さ見せつけられるドキュメンタリー。こんな国が世界一強大な軍隊を持っているなんて・・恐ろしい。

チャールトン・ヘストンは偏見の塊で、民族差別主義者だった。
この映画公開直後、アルツハイマーを患っていることを明らかにした。
ボケボケリミット寸前だったのだ。
恐らく、最後の映画出演がコレになる。
2時間を越える長い映画ですが、まったくそれを感じさせないテンポのよさで最後まで見せます。
エンターティメント性がこんなに高いドキュメントを初めて観た。
日本の暗く説教臭いドキュメントや、感動を強制する演出とは一味違うのが気に入った。
だが・・やり過ぎな処は確かにある。
例えば・・銃を販売してるKマートに、コロンバイン高校事件の被害者と共に乗り込む所や、
銃所持を支持する団体の代表である、チャールトン・ヘストンに突撃取材する所など。
だが、それこそ彼の素晴らしさであり、持ち味なので、大人しく中立な立場のマイケル・ムーアなんてアリエナイ。
彼はやりすぎるから、いいのだ。
映画のエピソードで印象的なのは、
カナダ人は都会に住んでいても鍵をかけない事!!たとえ強盗に入られても、だ。
カナダは銃所持率が7割なのに、銃犯罪が殆どないのも驚き。
同じ陸続きなのに、アメリカとは偉い違いだ。
その原因の1つに、メディアと貧富の差が挙げられていたが・・そうだろうな。。
小学校で女の子を撃った黒人の少年の母親の生活なんて、余りに酷すぎて絶句した。
彼女は一日中働いても、家賃すら払えなかった。。。。でも、そんな彼女を雇っている有名人の経営する飲食店は、彼女を雇うだけで補助金で潤う仕組みになっている。。
報われない貧乏人を増やす政策の上で、裕福に暮らす白人達は、安心を買うために銃で武装する・・・・
貧乏人をみたら「襲われるかも?」と思う被害者妄想がアメリカじゃあ普通なのか??
何か事件が起これば、わかりやすいモノに責任を負わせる短絡ぶりも「恐怖」がなせる業なのかも知れない。。。
アメリカ人は優越感を持つ人ほど、嫉妬されることを怖れ、安全であるほど、犯罪を怖れ・・怖れを色々なメディアで倍増させているのだろう。。。
マリリン・マンソンが冷静で真っ当な意見を述べていたことは、驚きに値しない。
演出で「悪」を演じてる人は、常に冷静なのは当たり前だからだ。
この映画で彼は男を上げたよな。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。