FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーリーテリング

ストーリーテリングSTORYTELLING



■原題■STORYTELLING 2001年 【米】
■監督■トッド・ソロンズ
■出演■ジョン・グッドマン ノア・フレイス ポール・ジアマッティ
     ザンダー・バークレイ セルマ・ブレア

フィクション・ノンフィクションと構成が2部構成になっている。
人種差別・障害者差別・貧富・階級・性・・・とあらゆる差別をあげつらいアメリカの欺瞞性をえぐろうとしている作品。
毒気もうもうの映画。
辛辣という言葉はこの映画の為にあるのだろう。
シニカルという言葉もこの映画の為にあるのだろうなぁ。。。
なんせ、毒気・毒牙がむき出しな感じしか受けないから。
監督の偽善に潜む人間の悪意をむき出しにしようとする執念はすごい。
でもなぁ・・笑えないし重たいし・・悲惨でしんどい。
誰にも感情移入ができない映画。
嫌な人間しか出てきませんー
でも「差別・偏見・欺瞞・嫉妬・堕落」と全く関係ない人間なんてありえないから、
誰もが自分の一部であるように感じる映画です。

でもあの優等生ぶった弟役の子役のような糞ガキには、一切の共感はないけどね。
あんなに憎々しい厭らしい役の子役って久々。
「イナゴの日」の憎たらしい子役と双璧をなすいい勝負だ。

・・・・それにしても・・・悲惨だ。
悲惨さを笑いに昇華させていたソロンズだったのに全然笑えない。
これ以上にシニカル度が増すともうついていけませ~ん!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。