**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペッターズ

スペッターズ



■原題■SPETTERS 1980年 【オランダ】
■監督■ポール・バーホーベン
■出演■レネ・ソーテンダイク ルトガー・ハウアー(脇役)

昔~レンタルビデオで観て衝撃を受けたオランダ映画。
3人のアマチュアモトクロスレーサーの青春の光と影。
ポール・バーホーベンらしい裸バンバン映画。
オランダ映画を初めて観て衝撃を受けた。
それまで観た映画とは全く違うテイストだったからだ。
変なんだよねぇ。バーホーベンって。
もう・・モロって感じ。
下世話で下品でそこまでやんなくても・・!ってトコまで撮る。

下世話で面白い監督のポール・バーホーベンは、
その後アメリカでメジャーな映画を撮りまくりますが・・
根底に流れているのはいつも同じー。
暴力とセックス!!これ一辺倒~~♪
常にむき出しで暴力とSEXを撮る監督ー!
たまにはオブラードに包めよー

あけっぴろげで、でもちょっと悪意を滲ませながら「不幸」も「青春」も撮るー
主人公3人の中に隠れゲイが居るのは、この監督なら当然の設定だろうけど・・
同性愛がバレる展開が唐突で面白かった。
普通・・もっと悩ませるだろう?って感じなのに、
怒涛のごとくの展開でアッと言う間にレイプされちゃう。。
レイプシーンだって、丁寧に撮りすぎー
どーしてタイヤが必要なわけ??で、バーホーベン的にハジケまくりです。
「ゲイ」について真面目な主事主張は一切ない。
コレを撮れば面白いぞぉ!!でゲイを扱ってるー(笑)
いつもやりすぎちゃうのだ~まぁ~そこが好きだけど♪

一味違ったバーホーベンの趣味全開爆走青春「娯楽」映画。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。