FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伴奏者

伴奏者L’ACCOMPAGNA TRICE



■原題■L'accompagnatrice 1992年 【仏】
■監督■クロード・ミレール
■出演■ロマーヌ・ボーランジェ

美しいオペラ歌手の伴奏者に雇われた少女の心情を綴る映画。
彼女の屈折した心情がじんわり迫ります。

小品だけど心にしみる映画。
才能あるオベラ歌手に憧れる気持ちと妬む気持ちで屈折した主人公の気持ちは、
誰でも持つ感情かも知れない。
貧富・階級の差だけでなく、美しさ、才能・・すべてで勝るオペラ歌手に寄せる彼女の憧れ、
歌手の愛人に憧れても気付かれもしない地味な恋心・・・
何も成し遂げられない平凡な人生をどこかで諦めながらも、
まだ希望を持っていたい主人公の屈折した感情が痛いほど伝わってきます。

諦め加減の自分探しで当ても無く希望もない平凡な人生は悪いわけじゃないけど、寂しい気分にさせる映画です。
ラストで主人公の伴奏者は何を考えて歩いているんだろう。

ロマーヌ・ボーランジェはお父さんにますます似てきた。
娘は父親に似るは本当だなぁ。

サントラを好きで探したけどどこにも売ってなくて、
イギリスのアマゾンに注文してやっとこさ買った。
CDをこんな大変な思いで手に入れたのは初めてだった。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。