FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽と月に背いて

太陽と月に背いてTOTAL ECLIPSE



■原題■Total Eclipse 1995年 【英・仏・ベルギー・伊】
■監督■アニエシュカ・ホランド
■出演■レオナルド・ディカプリオ デヴィッド・シューリス ロマーヌ・ボーランジェ

詩人ランボーと所帯持ちなのに彼に惹かれていく詩人ヴェルレーヌの破滅的な関係を描いた映画。
ディカプリオはこの作品にでた後、裸になったことを後悔したそうだけど・・
すごく若いし綺麗で何が後悔なの??って感じ。
私にとってはこの頃が旬の俳優さんでした。
今はもう関心が沸かない。。(悲)
この頃のディカプリオ君は好きだったなぁ。。
この後の「ロミオ&ジュリエット」も好きでした。。
ああ。。もう過去ですねぇ。。。
今の彼にはもうオーラを感じません。。
どうしてオリコカードのCMに出たのだろうか・・・トホホ。。

この映画で一番光ってたのは、デビッド・シューリス。
妻がいるのにどんどんランボーに引きずられて、深みにはまって逃れたいのに、
自ら泥沼に身を沈めてしまうダメ男ぶりがよくでていた。

ディカプリオのヌードが話題だった映画ですが、
若い俳優以上に脱ぎまくって身体を晒していたのはシューリスだった。
ダメ人間をやらせたら巧いです。
独特の色気があります。
奥さん役のボーランジュもバンバン脱いでるし・・裸度満点映画でした。

しっかし、イギリスの男優って、上手い人は何でもできますね。
苦手な役がなさそうな、シューリスでした。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。