**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溺れる魚

溺れる魚



■題名■溺れる魚 2000年 【日】
■監督■堤幸彦
■出演■椎名桔平 仲間由紀恵 窪塚洋介 渡辺謙 宍戸錠
     IZAM 野際陽子 白竜 伊武雅刀

「ケイゾク」や「トリック」よりずっと笑えたし好き~☆
今じゃ奇人変人・・いや、超人の域に達した窪塚くんの初々しい演技も良いし、
エースのジョーがそのまんま出演してるのも笑える♪
おじさんサラリーマンのモー娘には大爆笑でした。
堤さんはIZAMをここでも大きい役で使ってます。
なんでだろう???堤ワールドには必要な俳優さんなんだろうなぁ。
異様な存在感が面白かったです。
IZAMは太っても痩せても堤さんの作品でいい味だしてる。
その他、いつの間にか「ハリウッド俳優」になってしまったワタナビー謙さんが、
もう演じないような役で出演~♪
野際陽子といい、エースのジョーといい、贅沢な配役です。

仲間由紀恵も面白い。
この映画出演時には既に「トリック」に出ていたのかな?
このテイストを演じられる若い美人女優は、この人の他いない気がする。

窪塚くんはこの後、日本アカデミー主演男優賞を受賞して華々しく飛んでしまいました。
俳優を続けることができるのかなぁ・・急激に出世すると若い俳優さんは大変だ。

映画はバカバカしいけど笑えて、シリアスな部分が混ぜこぜ。
堤作品が好きなら文句無く楽しめます。
「ケイゾク」の映画版よりずっと、ずっと良い。
これの続編やって欲しいけどムリだろうなぁ~残念。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。