FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイト・クラブ

ファイト・クラブFIGHT CLUB



■原題■FIGHT CLUB 1999年 【米】
■監督■ディビッド・フィンチャー
■出演■ブラッド・ピット エドワード・ノートン ジャレット・レト
     ヘレナ・ボナム・カーター

ブラッド・ピットは男も憧れる理想の男~♪で、テンポよく惹き込まれる。
ハンサムさんが血だらけになる姿にゾクゾク。
しっかし、エドワード・ノートンはすごい。
作品ごとに姿かたちが違っているー(驚)
ブラッド・ピットが演じた役では一番良かった。
ブラピの代表作にはならんだろうけど、この映画でブラピを見直した。
演技が上手なノートンに喰われず張り合ったハンサム俳優って、
ブラピぐらいじゃないかな~♪

すごく変なストーリーなのに厭きないのが凄い!
って・・チャック・パラニューク原作の映画化かぁ。。
このパラニユークって変な話ばっか書いてる人で、
事実は小説より奇なり!を地で行く人生背景のある作家です。
この作家の世界をここまで完璧に近く映画化できるなんて・・
やっぱりフィンチャーは才能ある。すごい!!!!!!
まずブラピにこの役をさせたのが偉い!!
ブラピも監督も「セブン」の続編なんか蹴って正解。偉い!!!!

ハリウッド映画がコレを撮らせる懐の深さにも感心した。偉い!!!!!
ラストのサブリミナル映像はやりすぎかも知れないけど、
「ファイト・クラブ」の「象徴」ですから、アレはアレでよいと思いました。

一時、フィンチャーは天才??とまで思ったけど、
ジュディー・フォスターの「パニック・ルーム」で萎えました。
・・・・・浮き沈みの激しい監督のようです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。