FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブギー・ナイツ
ブギーナイツBOOGIE NIGHTS


■原題■Boogie Nights 1997年 【米】
■監督■ポール・トーマス・アンダーソン
■出演■マーク・ウォルバーグ バート・レイノルズ ジュリアン・ムーア
     ヘザー・グラハム ウィリアム・H・メイシー フィリップ・シーモア・ホフマン ドン・チードル

1970年代のポルノ業界の栄枯必衰を人間模様を絡ませながら描く。
70年代一番イケイケ男優だったレイノルズを使うのが監督の上手さかも。
個人的には、黒人流行スタイルを追う真面目なポルノ男優役のドン・チードルが笑えた。
主人公の巨根男優は実在のエイズで亡くなった有名ポルノ俳優をモデルにしているそうだ。
クリストファー・ウォーケンが若ければやりたかったという役をマーク・ウォルバーグがやって大出世。
売れっ子俳優になった。
ヘザー・グラハムだってこれで大ブレイク。
主演女優への道が開けました。

少し可哀想なのはジュリアン・ムーア。
力演でもろ肌脱いで頑張ってるのに・・アカデミー賞はなし。
この人って毎年に近くアカデミーにノミネートされてるけど、まだ受賞経験ないんじゃなかろうか。
??どうして??もらえないのか不思議。

観て損はしない映画です。でも一度みれば充分な気も・・・・。
この監督の映画はそんなのが多い。
一応感動するけど、見終った後の余韻は特になし。
わかりましたそうですか~もういいよ!って感じ。
好きな俳優が出てない限り、2回観ようとは思わない作品ばかり撮る監督NO.1だ。
むやみに長い・・・からだろうか??
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。