FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラー・インサイド・ミー
キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]
(2011/09/02)
ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン 他

商品詳細を見る

■題名■キラー・インサイド・ミー 2010年【米・英・カナダ・スウェーデン】
■原題■The KILLER INSIDE ME
■監督■マイケル・ウィンターボトム
■原作■ジム・トンプソン 『おれの中の殺し屋』扶桑社/『内なる殺人者』河出書房新社刊
■出演■ケイシー・アフレック/ジェシカ・アルバ/ケイト・ハドソン/サイモン・ベイカー

あのキューブリックやスティーブン・キングが大絶賛したジム・トンプソンの犯罪小説の映画化。

ドニゼッティの「愛の媚薬」から「人知れぬ涙」、
マーラーの交響曲第2番復活の第4楽章、
スペード・クーリの「Shame On You」など、選曲がサイコーに素晴らしかったです。
サントラ欲しくて探したけど、無かったのが本当に残念。。。

物語は、『アメリカン・サイコ』のベイトマンのような、
好青年とみなされ慕われているが、実は性的サディストの狂人が、
周囲の信頼を裏切りながら殺人を重ねていく…という、
超~私好みの映画ですが、
なんかこう…ハラハラドキドキ感に欠けるというか、、、
無防備な羊の群れに頭のオカシイ狼が紛れ込んでいる…という
恐怖・戦慄がイマイチ物足りなかったです。
社会派映画が多いウィンターボトム監督には、
エゴの為なら人殺しも厭わず、愛する女性を撲殺するのが超快感~♪
という良心の欠片もない鬼畜・狂人の物語は、畑違いだったのかもしれません。
『ブルーベルベット』『マルホランド・ドライブ』のデビット・リンチや、
『ノーカントリー』『ファーゴ』『ブラッド・シンプル』のコーエン兄弟辺りなら、
原作を超えるサスペンス映画になっていたのでは…?
なんてつい妄想してしまいました。

「物足りない」といえば…もう1つ。
ジェシカ・アルバの見えそうで絶対に見えない~中途半端なラブシーンには、
そんなに脱ぐのがイヤなら、娼婦の役で映画に出るんじゃねぇ!
という憤りを女ながらも禁じ得ませんでした。
脱ぐのを拒否る女優を、娼婦役で使う監督もどーかだけど、
「見えそうで見えない」ラブシーンは興醒めするだけだから、
ジェシカが許可した「お尻」メインでエロを追求して欲しかったです。

演技力&ラブシーンのエロさでは、ケイト・ハドソンの圧勝だったと思います。
…ただ、田舎の女教師をリアルに演じる為なのか、
妖精のように可憐だったケイトは、
すっかりオバさん化していて、変貌ぶりにちょっと驚きました。


以下、「続き」でネタバレです~☆
つづきを表示
スポンサーサイト
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。