**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃歌
讃歌

■題名■讃歌 1972年 【日本】
■監督■新藤兼人
■出演■渡辺督子 河原崎次郎
乙羽信子 武智鉄二 初井言栄 殿山泰司 原田大二郎

谷崎潤一郎の「春琴抄」を、一番忠実に映画化した作品だと思う。
当たり前ですが、百恵&友和の「春琴抄」とは、
何もかもすべてにおいて違っていてビックリ。
この種の変態チックな世界を、ここまで純文学にできる谷崎は、やっぱり天才なんですね。
そんなフェティッシュな原作を素直に映像化した新藤兼人も素晴らしい。
主演の春琴を演じる渡辺督子さんは、これが映画デビュー作(驚)
伝説になるほどの美しい盲目の天才を、堂々と演じられています。
佐助を演じる河原崎次郎さんは、名脇役だった故・河原崎長一郎さんの弟で、
今も活躍されている河原崎建三さんの兄にあたる方。
Wikipediaで知りましたが、河原崎さんは梨園の血筋の方で、
岩下志麻さんは従姉妹(!!)だったのですね。

それと、ずーっと誤解をしていましたが、春琴抄は実話ではなく、
完全に創作された「伝説の盲目美女」なのだそうな。
ちょっと寂しいけれど、大阪の薬問屋・鵙屋も、春琴も佐助も、
谷崎の世界にしか存在しないのです。
つづきを表示
スポンサーサイト
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。