FC2ブログ
**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンサー・イン・ザ・ダーク


■原題■DANCER IN THE DARK 2000年【デンマーク】
■監督■ラース・フォン・トリアー
■出演■ビョーク カトリーヌ・ドヌーヴ デヴィッド・モース
ピーター・ストーメア ジャン=マルク・バール ヴラディカ・コスティック
ジョエル・グレイ ヴィンセント・パターソン ウド・キア

この映画は、「黄金の心」三部作の三作目らしいです。
ラース・フォン・トリアーの考える「黄金の心」って、
純粋無垢な主人公が、その「黄金の心」故に人生を利己主義者に食い物にされて殺されるー!ってコトなのでしょうかー
あまりの悲惨な展開に、1度観ればそれで充分・・・って、落ち込んでしまうかも。
でも我慢して2度以上観れば、
監督の人間(特に女性)不信とアメリカ嫌いの根深さが、こんな演出をさせてしまうのだなぁ・・・
と、感慨深くなるかもしれない。
そうなったからって、爽快とは程遠い感情ですけど。

しかし、なんでラース・フォン・トリアーって、女の人ばかり生贄するのかな。
敢えて、意図して、そんな演出をしていることは判るけど、
臆面がなさすぎるほど、やりすぎで、虐げすぎている。
趣味なのだろうか。
つづきを表示
スポンサーサイト

星空のマリオネット
星空のマリオネット


■題名■星空のマリオネット 1978年 【日】
■監督■橋浦方人
■出演■三浦洋一、武井一仁、亜湖、牟田悌三、馬渕晴子

暗い映画だ。
青春♪バンザ~イ!!!じゃない。
みるからに貧乏な感じの狭くて汚い家や路地裏で物語は展開する。

リーダーの地位から落魄れた暴走族と、
シンナー中毒の医師の息子(ゲイ)と、
フラフラ遊び歩いている不良娘が、三角関係になるのだけど、
普通の三角関係じゃない。
医師の息子はゲイなので、暴走族の三浦洋一が好きなのだ。
不良娘は妊娠して、暴走族の父親とくっつくしで、
もう~ぐちゃぐちゃ。

結果、なぜだか、虚無感に襲われたゲイ&暴走族が無意味に死んで、
映画は終わっていくのだけど・・・・
70年代の青春映画って、若者が死ぬことで成立する話が多い。
なんでかなぁ・・・
70年安保や学生運動のせいなのかなぁ・・・・

この映画でデビューした
故三浦洋一さんと亜湖さんの存在感は、新人とは思えないほど。
新人なのに演技も巧くて、パワーがある。
今の俳優さんと比べた所で、無意味だけど、
アイドルやモデルあがりには出せない味がある。
亜湖さんなんか、ヨーロッパの女優みたいに平気でバンバン脱ぐし。
この脱ぎっぷりの良さも、70年代だから・・・なのだろうか~☆

イン・ザ・カット


■原題■IN THE CUT 2003年 【米】
■監督■ジェーン・カンピオン
■出演■メグ・ライアン,ジェニファー・ジェイソン・リー,
マーク・ラファロ,ケヴィン・ベーコン,ニック・ダミチ,シャーリーフ・パグ,

元々は、ニコール・キッドマンが主演するハズだった役を、
メグ・ライアンが監督に猛烈アピールして、
「勝ち取った」そうだけど・・・本当に勝ったのだろうか。
なんだか、主演を降りて製作総指揮になったキッドマンのほうが、
勝ったような・・・気がしないでもない。

ラッセル・クロウと不倫後、離婚した傷心のメグ・ライアンが、
敢えて、汚れ役に挑んだ意気込みは、感じられる。
でも・・・・・どーなのかなぁ。。

何から何まで、殆ど全てを裏切っている映画だと思う。
ジェーン・カンピオンって・・・意地悪だ。
つづきを表示

blue


■題名■blue 2001年 【日】
■監督■安藤尋
■出演■市川実日子 小西真奈美 今宿麻美 仲村綾乃
■原作■魚喃キリコ(なななんキリコ)

田舎町の海辺に近い女子高で、
1歳年上の同級生の大人っぽい遠藤と親しくなった桐島が、
互いに惹かれていくけれど、
遠藤の秘密を巡って、嫉妬心から行き違いが生じて、
だんだん互いに離れてしまう様子を、
日本海の寒々しい青を基調に描かれている、
ちょっと変わった風合いの青春モノ。

女子高に通っていた経験がある人は、
遠藤と桐島のようにキス(!)までしなくても、
これに近い感情を持つことがあるんじゃないのかなぁ・・なんて思う。

好き嫌いは分かれるだろうけど、私はすごく好きな映画だ。
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。