**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解放区
解放区


■原題■MERCY 2000年 【米】
■監督■ダミアン・ハリス
■出演■
エレン・バーキン,ジュリアン・サンズ,ペータ・ウィルソン,カレン・ヤング,
ウェンディ・クルーソン,スティーヴン・ボールドウィン,マーシャル・ベル,

チープで少しHなB級サスペンス。

ジュリアン・サンズが出演しているから録画したのだけど、
ビックリな役で、意表を衝かれたー!!
まさか、まさか・・・・って感じ。

そして、もっとビックリなのは、スティーブン・ボールドウィン(!)
一体、どこに出演していたのか、わからないほど存在感ない。。!!
一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだったのにねぇ・・・・・・・・・
つづきを表示
スポンサーサイト

エデンより彼方に


■原題■FAR FROM HEAVEN 2002年 【米】
■監督■トッド・ヘインズ
■出演■ジュリアン・ムーア,デニス・クエイド,デニス・ヘイスバート,
パトリシア・クラークソン,ヴァイオラ・デイビス,ライアン・ウォード,リンゼイ・アンドレッタ,

50年代のダグラス・サークにオマージュが捧げられている映画。

同性愛や、プラトニックであっても黒人男性と白人女性の恋愛が許されない時代を、
独特の色彩で、優雅に上品に皮肉を込めて描かれる。
つづきを表示

SAFE
safe


■原題■SAFE 1995年 【米】
■監督■トッド・ヘインズ
■出演■ジュリアン・ムーア,サンダー・バークレー,ピーター・フリードマン,
ジェームズ・ル・グロ,メアリー・カーヴァー,スーザン・ノーマン,

80年代後半のバブリーな時代が背景の映画。

ハイソな奥様が突然、シックハウス症候群に陥り、
ありとあらゆる物質(壁紙やペンキ、化粧品に排気ガス・・・)から逃れるために、
同じ症状に苦しむ人達が暮らすコミューンへ行く・・・・・
つづきを表示

ポイズン
ポイズン

ポイズン

■原題■Poison 1991年 【米】
■監督■トッド・ヘインズ
■出演■
スコット・レンデラー,ジェームズ・ライオンズ, トニー・ペンバートン,
アンドリュー・ハーペンディン, スーザン・ノーマン,

トッド・ヘインズの長編デビュー作。
91年サンダンス・フィルムフェスティバル、ドラマ部門グランプリ受賞作。

ジュネの「薔薇の奇跡」を原作にした《ホモ》
父親を射殺し自殺した少年の擬似ドキュメンタリー《ヒーロー》
科学者の悲劇を昔のB級映画風に撮った《ホラー》の三部構成。
スタイルが全く違う3作が、交互に入り乱れるので、息をつかせない。

トッド・ヘインズ監督の映画の中で、一番好き。
つづきを表示

ベルベット・ゴールドマイン


■原題■VELVET GOLDMINE 1998年 【英】
■監督■トッド・ヘインズ
■出演■ユアン・マクレガー ジョナサン・リース=マイヤーズ 
    クリスチャン・ベイル トニー・コレット

デビッド・ボウイが楽曲提供しなかったからイマイチ成功しなかったのか、
ボウイが楽曲を提供する気になれないようなダメ映画だったのか、
どちらにせよ、監督のグラムロックへの熱い熱い想いが伝わる映画です。

ボウイがヘソを曲げて楽曲提供を断固拒否した理由は、観ればわかります~
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。