**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理由

理由新潮文庫



■題名■理由 2004年 【日】 
■監督■大林宣彦
■出演■勝野洋・村田雄浩・岸部一徳・大和田伸也・久本雅美・松田洋治・宝生舞・松田美由紀・古手川祐子・赤座美代子・風吹ジュン・柄本明・渡辺えり子・小林聡美・南田洋子・宮崎あおい・裕木奈江・高橋かおり・中江有里・加瀬亮・加瀬亮~総勢107人のキャストらしい。

原作は宮部みゆき。
皆さん、ノーメークで頑張っておられます。それがウリなのかな。
女優魂・・・素晴らしいですね。
大林監督作品に出た人達の同窓会(?)って位、この人はアレにでてたなぁ~的楽しみもアリ。
つづきを表示
スポンサーサイト

女はみんな生きている

女はみんな生きているChaos



■原題■CHAOS 2001年 【フランス】
■監督■コリーヌ・セロー
■出演■カトリーヌ・フロ ラシダ・ブラニク ヴァンサン・ランドン オレリアン・ウィイク 
      リーヌ・ルノー

「赤ちゃんに乾杯!」の女性監督映画。テンポがすっごく良い。
フランス映画なのに、意外なほど観やすいコメディ映画。
極端な(?)女性的主観から描かれている映画なので、男性は違和感を感じるかもしれません。
田島陽子系が大喜びしそうな映画だが、
フェミにかぶれてない女性も受け入れやすい痛快さがある。
つづきを表示

ラマン
愛人/ラマンL'AMANT


■原題■L'amant 1992年【仏・英】
■監督■ジャン・ジャック・アノー
■出演■ジェーン・マーチ レオン・カーフェイ

デュラスの原作を映画化。
この映画を観てカーフェイに惚れ込んだ友人が、中国語講座に通っていたのが懐かしい。
それ位、この時期のカーフェイは色気がありました。
ジェーン・マーチも新人とは思えない迫力。
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。