**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28週後…
28週後...(特別編) [DVD]28週後...(特別編)
[DVD]

(2008/12/05)
ロバート・カーライル
ローズ・バーン

商品詳細を見る


■題名■28週後… 28 Weeks Later 2007年 【イギリス】
■監督■ファン・カルロス・フレナディージョ
■出演■ロバート・カーライル/ジェレミー・レナー/ローズ・バーン/キャサリン・マコーマック/
      イモジェン・プーツ/マッキントッシュ・マッグルトン/
■製作総指揮■ダニー・ボイル
■公式HP■http://movies.foxjapan.com/28weekslater

「28日後…」の続編。
導入部はとても良かった。
主人公だとばかり思っていたロバート・カーライルが、恐怖の余り妻を見棄てるシーンを観て、
前作のように、ゾンビより人間の業の深さのほうが恐ろしい…という展開?と期待でドキドキ…

だけど…残念ながら、この続編にはそういった感傷は皆無。
人間ドラマになりそうな素材が揃っているのに、演出が浅くてヌルイのだ。。。

ゾンビ物としてはとてもよくできている。
ゾンビのコワさでは、続編のほうが勝っているし、
血が出るシーンも続編のほうがリアリティがあってグロいし、街中が燃え上がるシーンもダイナミック。
カメラワークも凝っているし、テンポの早い展開は息つく暇もないホド。
サントラも前作に続いてかなりカッコ良い。

だから、主人公に感情移入できないのが、本当に勿体ない。

主人公の姉弟が、とんでもなく無軌道なのは、「幼さ」のせいにできるけど、
彼等の父親と軍隊が、アリエナイようなバカに見えてしまうのは、演出のせいだ。

前半の父親と軍隊のバカさ加減が、せっかくの恐ろしさが半減させている。

迷惑なバカ一家と無能な軍隊の為に、
犠牲者が増えれば増えるほど、ゾンビの数が増えれば増えるほど、
恐ろしいのに…興醒めしてしまう、とてもとても残念な映画でした。

◆◆以下、続きはネタバレありです◆◆
つづきを表示
スポンサーサイト

4人の食卓


■原題■The Uninvited  2003年【韓】
■監督■ イ・スヨン
■出演■ チョン・ジヒョン パク・シニャン
■HP■http://www.4table.jp/

結婚を間近に控えたインテリアデザイナーの男性が、
地下鉄で少女2人が母親に毒殺される事件に遭遇する。
彼はその後、死んだ少女の姿を見るようになり悩む。
ある日、自分と同じように、
死んだ少女の姿を見ることができる女性と出会うのだが、
その出会いを境に、ますます混乱は深まっていき・・・・・

サイコ・スリラーなんだけど、
ストーリーを追うのに必死になるから、あまり怖くない。

「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンちゃんが、
可愛い子ちゃんのイメージを打破する為に、
敢えて、この役を選んだ女優魂は偉いけど、
彼女の責任ではない部分で、空回りしてしまっている感じ。
つづきを表示

800 TWO LAP RUNNERS


■題名■800 TWO LAP RUNNERS 1994【日】
■監督■廣木隆一
■出演■松岡俊介 野村祐人 有村つぐみ 袴田吉彦

陸上のスポ根モノではないので注意。
恋愛だけでなく、性(同性愛も含む)や階級の違いなどを描いている秀作。
でも、地味なせいか・・・・あまり評価されていない気がする。

同名小説の映画化らしいので、原作本があります。

現在は脇役俳優になってしまった、
YOUの旦那の松岡俊介さんの映画主演デビュー作!
つづきを表示

28日後・・・

■原題■28 DAYS LATER... 2002年【英・米・仏】
■監督■ダニー・ボイル
■出演■キリアン・マーフィ ナオミ・ハリス ミーガン・バーンズ クリストファー・エクルストン

前半は何がどうなるかわからないから、すごく怖いのに、
後半からラストになるにしたがって怖くなくなる。
監督の狙いがはずれた感じだけど、こんなゾンビ映画があってもいい。
いつも弾けているようで、実はマジメな映画を撮るダニー・ボイルらしい、どこか清々しいゾンビ映画。
そして、毎度のことながら、ボイルの映像と音楽のセンスはとてもイイ。
つづきを表示

2LDK+荒神

DUEL-BOX<2LDK×荒神>


 
■題名(監督)■2LDK(堤幸彦)荒神(北村龍平) 2002年 【日】
■出演■2LDK・・野波麻帆 小池栄子
      荒神・・・・大沢たかお 加藤雅也

密室での決闘を描いた短編映画2作。
2LDKは、アイドルの先輩・後輩が女同士のよくある行き違いと嫉妬から、
血みどろの殺し合いに発展していく、無茶苦茶さが楽しかった。
荒神は、「世にも奇妙な物語」のSP版によくある感じの時代劇。
加藤雅也と大沢たかおは、どっちもカッコイイです。
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。