**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ
LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ [DVD]LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ [DVD]
(2007/05/04)
吉井怜今宿麻美

商品詳細を見る


■題名■LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ 2006年【日】
■原作■やまじえびね
■監督■川野浩司
■出演■吉井怜/今宿麻美/高橋一生/石田衣良/

ゲイリブの教科書のような映画。
日本にはこういう映画は少ないから、若い同性愛者が観るには教育的にイイと思う。

だけど、映画としてみると深みが無い。
物語が浅いというか、ゲイリブ的予定調和というか、余りにもハッピーに展開するので、
「あー、やっぱりそうくるか」「世の中そんなに甘くないよ」って感じで興醒めなのだ。

巷に溢れる異性愛者が悦ぶ
偏見まみれのレズビアンとは一味違うハッピーなレズ映画を作ろう!
という製作者の気合いは伝わってくるが、
「これがLGBTの理想形ですわよ!」というような押しつけがましさが、
私には少々ウザかった。

原作がコミックだから?なのかもしれないけど、全てが「おとぎ話」のよう。
台詞は気恥ずかしさを感じるほど陳腐に感じられた。
こういうリアルさに欠ける映画に易々と感化される同性愛者って…いるのだろうか。

しかしよく考えてみたら、
日本映画で日陰の存在としてネガティブに描かれることが多い同性愛に対して、
「もっとポジティブになりましょう!」「堂々としましょう!」というメッセージは正当だ。
やたら「カムアウト」を推奨している処をみると、
若い世代の同性愛者を元気づけ、啓発・啓蒙する意図があるのだろう。

私にはどうしようもなくご都合主義で薄っぺらに思える脚本構成・台詞でも、
同性愛は恥じゃない、隠す必要はない、自分の性的嗜好を肯定し自分を愛しましょう♪
というポジティブなメッセージに主眼を置く同性愛者の観客からすれば、
同性愛に肯定的♪というだけで、元気が貰える素晴らしい映画!となるのかもしれない。

従って、
レズというか、同性愛というか、愛し合う2人って、もっとドロドロしてるんじゃ…?
人間って、世の中って、もっと複雑なんじゃ…?
ってな人には向かない映画だ。

若いレズビアンカップルを演じた2人の女優さんは、
父親を演じた小説家・石田衣良の数倍マシとはいえ、台詞が棒読みなのが残念だったが、
日本の若手女優にしては珍しく身体を張ってトップレスのラブシーンをこなし頑張っていた。
ヌードになることをやたら拡大解釈して大騒ぎする最近の日本の芸能界で、
こういう役をこなすのは、かなり勇気が必要だったと思う。
スポンサーサイト

ルールズ・オブ・アトラクション


■原題■THE RULES OF ATTRACTION 2002年【米・独】
■監督■ロジャー・エイヴァリー
■出演■ジェームズ・ヴァン・ダー・ビーク シャニン・ソサモン イアン・サマーハルダー
ケイト・ボスワース ジェシカ・ビール キップ・パルデュー エリック・ストルツ

ブレット・イーストン・エリスの原作小説を映画化した青春群像ドラマ。
「アメリカン・サイコ」の姉妹編といえる作品。

エリスが飽くことなく書き続ける「恵まれた人間たちの堕落した世界」を斬新な演出で映画化。
つづきを表示

理由

理由新潮文庫



■題名■理由 2004年 【日】 
■監督■大林宣彦
■出演■勝野洋・村田雄浩・岸部一徳・大和田伸也・久本雅美・松田洋治・宝生舞・松田美由紀・古手川祐子・赤座美代子・風吹ジュン・柄本明・渡辺えり子・小林聡美・南田洋子・宮崎あおい・裕木奈江・高橋かおり・中江有里・加瀬亮・加瀬亮~総勢107人のキャストらしい。

原作は宮部みゆき。
皆さん、ノーメークで頑張っておられます。それがウリなのかな。
女優魂・・・素晴らしいですね。
大林監督作品に出た人達の同窓会(?)って位、この人はアレにでてたなぁ~的楽しみもアリ。
つづきを表示

ラマン
愛人/ラマンL'AMANT


■原題■L'amant 1992年【仏・英】
■監督■ジャン・ジャック・アノー
■出演■ジェーン・マーチ レオン・カーフェイ

デュラスの原作を映画化。
この映画を観てカーフェイに惚れ込んだ友人が、中国語講座に通っていたのが懐かしい。
それ位、この時期のカーフェイは色気がありました。
ジェーン・マーチも新人とは思えない迫力。
つづきを表示

ロゼッタ

ロゼッタROSETTA



■原題■Rosetta 1999年 【仏】
■監督■ダルデンヌ兄弟
■出演■エミリー・デュケンヌ

突然無職になってしまった少女が職探しに猛進する姿をドキュメンタリーなタッチで描いた映画。
地味な映画ですがテンポがよく惹き込まれます。
無駄に飾ってない演出が好き。
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。