**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接吻
接吻 デラックス版 [DVD]接吻 デラックス版 [DVD]
(2009/02/25)
小池栄子豊川悦司

商品詳細を見る


■題名■接吻 2006年 【日本】
■製作■仙頭武則
■監督■万田邦敏
■脚本■万田珠実
■出演■小池栄子/豊川悦司/仲村トオル/篠田三郎

映画史上誰も見たことがないラスト&小池栄子が凄い!
という前評判に興味を惹かれて観てみた。

確かに、グラドル・バラドル出身の小池栄子は確かに『女優』として頑張っている。

でも、彼女を女優としてみると、演技はそれほど『凄く』ない。
あの演技がそんなに凄い!なら、日本の女優のレベルってどんだけ低いの…?って話になる。
吉本芸人の宮迫やキム兄とかが、『俳優』としてやたら高く評価されているのと同じで、
芸人・アイドルとしてみれば、演技が上手で味があるかもしれないけど、
俳優としてみると、そんなに巧くない…というレベルに過ぎない。

豊川悦司は、例によって「またか!」な役。

もう、何度目だろう、こういう役の豊川悦司って。
正直言って、この種の役ばかりやりすぎ。
「また殺人鬼・異常者の役?」って感じで、興醒めしてしまう。
仲村トオルが演じた独善的な弁護士を、トヨエツが演じたほうが面白かったかもしれない。

…しかし、
そもそも豊川悦司は映画に出すぎではないか?とも思う。
あんまり映画に出演しまくっているから、
「ま~たトヨエツか…」とか、「なんでこの役がトヨエツ?」と感じてしまうのだと思う。
(私だけかもしれないけど)

とにかく、
豊川悦司だから♪という理由で映画を観に行くようなファンって…もうそんなにいないのに、
やたら映画に出演しまくってるのが不思議でならない。

以下、ネタバレを含んだ感想です~★
つづきを表示
スポンサーサイト

ショーン・オブ・ザ・デッド

■原題■SHAUN OF THE DEAD 2004年【英】
■監督■エドガー・ライト
■出演■サイモン・ペグ ケイト・アシュフィールド ニック・フロスト ディラン・モーラン

ゾンビの英国風コメディ。
主人公は、冴えなくもう若くない労働者階級の30男。
家電店の店長をしているが、部下には全然リスペクトされてない。
住まいは、おデブでニートなダメ友と、口煩くて説教臭い友人と3人でシェアして暮らしている。
GFはいるが、マザコンな上にいつも馴染みのパブでウダウダしたデートしかしない為、
愛想を尽かされる寸前。
そんないまいちパッとしない主人公の平凡な日常が、
徐々にゾンビに侵されていくのだけど・・・・・・・・・
つづきを表示

讃歌
讃歌

■題名■讃歌 1972年 【日本】
■監督■新藤兼人
■出演■渡辺督子 河原崎次郎
乙羽信子 武智鉄二 初井言栄 殿山泰司 原田大二郎

谷崎潤一郎の「春琴抄」を、一番忠実に映画化した作品だと思う。
当たり前ですが、百恵&友和の「春琴抄」とは、
何もかもすべてにおいて違っていてビックリ。
この種の変態チックな世界を、ここまで純文学にできる谷崎は、やっぱり天才なんですね。
そんなフェティッシュな原作を素直に映像化した新藤兼人も素晴らしい。
主演の春琴を演じる渡辺督子さんは、これが映画デビュー作(驚)
伝説になるほどの美しい盲目の天才を、堂々と演じられています。
佐助を演じる河原崎次郎さんは、名脇役だった故・河原崎長一郎さんの弟で、
今も活躍されている河原崎建三さんの兄にあたる方。
Wikipediaで知りましたが、河原崎さんは梨園の血筋の方で、
岩下志麻さんは従姉妹(!!)だったのですね。

それと、ずーっと誤解をしていましたが、春琴抄は実話ではなく、
完全に創作された「伝説の盲目美女」なのだそうな。
ちょっと寂しいけれど、大阪の薬問屋・鵙屋も、春琴も佐助も、
谷崎の世界にしか存在しないのです。
つづきを表示

下妻物語


■題名■下妻物語 2004【日】
■監督■中島哲也
■出演■
深田恭子 土屋アンナ 宮迫博之 篠原涼子 阿部サダヲ 樹木希林
水野晴郎


乙女のカリスマって言われているらしい嶽本野ばらさんの小説の映画化。

映画とは全然関係ないけど。
嶽本野ばらさんといえば、遠い昔、
関西ローカルの深夜番組「テレビの壷」に時々登場されておられました。
その番組は、明石屋さんまの「パッチもん」ぜんじろうが司会者で、
当時の関西地方では、それなりに人気のある番組でした。
時々ゲスト出演されていた、異色な雰囲気の野ばらさんに対して、
どう絡んでいいのか解らないぜんじろうが、
冷たい反応をしていたことが懐かしく思い出されます。
その後、野ばらさんは、いつの間にかカリスマ小説家となり、
ぜんじろうといえば・・・何処へ?状態。
「テレビの壷」でデビューした藤井隆の方が、大出世だから、
世の中って、誰が売れるのか、わからないもんです。

映画は予想に反して、とても良かった!
正直、嶽本野ばらの小説なんかより、
大島弓子の乙女チックな少女マンガのほうがず~っと楽しい私には、
絶対にツマラナイと思って観たけど、
テンポがいいから、意外な程ラストまで楽しめた。

配役も、主役から脇役に至るまでピッタリ。
特に宮迫は、主役級の役をやるより、
これ位の役柄のほうが、演技がうるさくなくていい。
深田恭子も、土屋アンナも、とにかく可愛い。

奇をたらった斬新な演出が、違和感なく当たった稀有な映画だと思う。
つづきを表示

ジーパーズ・クリーパーズ


■原題■JEEPERS CREEPERS 2001年 【米】
■監督■ヴィクター・サルヴァ
■出演■ジーナ・フィリップス ジャスティン・ロング アイリーン・ブレナン

フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮した、ホラーのブラックコメディ。
「サスペンス・ホラー」と紹介されているようだけど、
サスペンスやホラーを期待して観たらガッカリしてしまう。
正統派サスペンス・ホラーというより、
夏休みのお化け屋敷に怖いのを承知で入って、
大して怖くないのに「キャ~!!」って叫ぶような映画。

後には何も残らないけど、
「そうくるのかぁ・・・やられたなぁ・・」・・・・って少し思うかも。
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。