**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストライター
ゴーストライター [DVD]ゴーストライター [DVD]
(2012/02/02)
ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン 他

商品詳細を見る

■題名■ゴーストライター 2010年【仏・独・英】
■原題■The Ghost Writer
■監督■ロマン・ポランスキー
■脚本■ロマン・ポランスキー
■出演■ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン/キム・キャトラル/オリヴィア・ウィリアムズ
ティモシー・ハットン/トム・ウィルキンソン/ジム・ベルーシ/イーライ・ウォラック/ジョン・バーンサル

鬼才ポランスキー独特の緊迫感みなぎる描写が素晴らしく、何度も見直したくなる作品でした。

画面は暗~いモノトーンで統一されていて、
風がピューピュー吹いている日本海のように寒そうで荒れた海に囲まれた島といい、
やたらモダンな別荘と壁に掛った抽象的な絵、
秘書兼愛人を絵に描いたようなキム・キャトラル、
毒舌家で化粧っ気がなく白髪すら染めない首相夫人、
オドオドしたアジア系のメイドといい、
何から何までミステリアスで、意味あり気な伏線が散りばめられている感じ。
80歳でこのクオリティが撮れるのって…本当にスゴイ。

…ところで、
ユアン・マクレガーに仕事を持ってくる
商売人気質丸出しのエージェントを演じる俳優を、
どこかで見たけど思い出せないー誰だっけ???と、
ずーっとモヤモヤしていたのだけど、
CSチャンネルでや~っと判明。
米ドラマ『ウォーキング・デッド』で、
煩悩まみれの強欲トラブルメーカーのシェーンでした~☆
あ~スッキリ♪
goosutoraitaa2.jpg

冒頭登場するハゲ頭の出版会社役員は、
故ジョン・ベルーシの弟ジム・ベルーシなんですね~(驚)
面影ないので配役を調べるまで全く気付きませんでした。
goosutoraitaa1.jpg

あと、ユアン・マクレガーが宿泊するホテルで、
時代掛かったメイドのコスプレで登場する受付嬢は、
エマニュエル・セニエとの間にできたポランスキーのお嬢さんだそうです。
goosutoraitaa7.jpg


以下、ネタバレです~☆
つづきを表示
スポンサーサイト

キラー・インサイド・ミー
キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]
(2011/09/02)
ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン 他

商品詳細を見る

■題名■キラー・インサイド・ミー 2010年【米・英・カナダ・スウェーデン】
■原題■The KILLER INSIDE ME
■監督■マイケル・ウィンターボトム
■原作■ジム・トンプソン 『おれの中の殺し屋』扶桑社/『内なる殺人者』河出書房新社刊
■出演■ケイシー・アフレック/ジェシカ・アルバ/ケイト・ハドソン/サイモン・ベイカー

あのキューブリックやスティーブン・キングが大絶賛したジム・トンプソンの犯罪小説の映画化。

ドニゼッティの「愛の媚薬」から「人知れぬ涙」、
マーラーの交響曲第2番復活の第4楽章、
スペード・クーリの「Shame On You」など、選曲がサイコーに素晴らしかったです。
サントラ欲しくて探したけど、無かったのが本当に残念。。。

物語は、『アメリカン・サイコ』のベイトマンのような、
好青年とみなされ慕われているが、実は性的サディストの狂人が、
周囲の信頼を裏切りながら殺人を重ねていく…という、
超~私好みの映画ですが、
なんかこう…ハラハラドキドキ感に欠けるというか、、、
無防備な羊の群れに頭のオカシイ狼が紛れ込んでいる…という
恐怖・戦慄がイマイチ物足りなかったです。
社会派映画が多いウィンターボトム監督には、
エゴの為なら人殺しも厭わず、愛する女性を撲殺するのが超快感~♪
という良心の欠片もない鬼畜・狂人の物語は、畑違いだったのかもしれません。
『ブルーベルベット』『マルホランド・ドライブ』のデビット・リンチや、
『ノーカントリー』『ファーゴ』『ブラッド・シンプル』のコーエン兄弟辺りなら、
原作を超えるサスペンス映画になっていたのでは…?
なんてつい妄想してしまいました。

「物足りない」といえば…もう1つ。
ジェシカ・アルバの見えそうで絶対に見えない~中途半端なラブシーンには、
そんなに脱ぐのがイヤなら、娼婦の役で映画に出るんじゃねぇ!
という憤りを女ながらも禁じ得ませんでした。
脱ぐのを拒否る女優を、娼婦役で使う監督もどーかだけど、
「見えそうで見えない」ラブシーンは興醒めするだけだから、
ジェシカが許可した「お尻」メインでエロを追求して欲しかったです。

演技力&ラブシーンのエロさでは、ケイト・ハドソンの圧勝だったと思います。
…ただ、田舎の女教師をリアルに演じる為なのか、
妖精のように可憐だったケイトは、
すっかりオバさん化していて、変貌ぶりにちょっと驚きました。


以下、「続き」でネタバレです~☆
つづきを表示

飢餓海峡
飢餓海峡 [DVD]飢餓海峡 [DVD]
(2007/06/01)
三國連太郎高倉健

商品詳細を見る



■題名■飢餓海峡 1965年 【日本】
■原作■水上勉
■監督■内田吐夢
■脚本■鈴木尚也
■音楽■富田勲
■出演■三国連太郎/左幸子/伴淳三郎/高倉健/加藤嘉/沢村貞子

『接吻』の小池栄子の演技は、女優としては大したことない。と感じた理由は、
『接吻』の前に、『飢餓海峡』を観たからだ。

凄い演技というのは、
『飢餓海峡』の左幸子、三国連太郎、伴淳三郎のように、
心に染みとおるような、観終わった後に思い返してグッとくるレベルでないとイケナイ。

映画版『飢餓海峡』はそういう意味で、尋常じゃない。
主役級だけでなく、出演俳優全員(小さな脇役に至るまで全て)のレベルの高さにひたすら驚愕する。
物凄~く若い高倉健と枯れた風情の伴淳三郎の掛け合い、
父親役の加藤嘉、娼妓の女将役の沢村貞子、その旦那役…等、どれもが印象的だった。
それから、音楽(というか効果音)が独特だな…?と思ったら、冨田勲でこれまたビックリ。

映画版『飢餓海峡』のような、何から何まで、全くケチのつけようがない映画は、本当に久しぶり。
しみじみ、昔の日本映画のレベルの高さを実感させられた。

実は、三国連太郎の役を山崎努、老刑事を若山富三郎が演じる
『飢餓海峡』の連続ドラマを観たことがあり、
これまでの私にとって、『飢餓海峡』=山崎努!だった。

それが、この映画版を観て、完全に『飢餓海峡』=左幸子!!!になってしまった。
三国連太郎・伴淳三郎も、素晴らしい怪演・名演だけど、
「切った爪に欲情する左幸子」「三国連太郎にむしゃぶりついて殺される左幸子」は、
鬼気迫る純粋さというか、一途さに圧倒されるばかり。
こういう凄みにある女優さんが、今の日本に1人もいないのが寂しい。

ところで、
最近の日本映画界は、過去の名作をリメイクした『安っい駄作』が大流行りしている。

黒沢明の名作が、次々と餌食にされているのは、遺族の金儲けだから仕方ないとはいえ、
『私は貝になりたい』なんて、なぜ今更映画でリメイクするのか、ワケがわからない。
仲居クンが主演したTV版の『砂の器』が、成功したからなのかも?しれないが、
誰もが知っている名作を、わざわざ駄作にリメイクするのは止めて欲しいような気がする。

そういえば、大昔、所ジョージも『私は貝になりたい』のTV版リメイクに主演していたけど、
母親は、「ニヤけた所ジョージはフランキー堺の足許にも及ばない!」と不愉快そうだった。
感動したドラマ・映画を、リメイクで汚されるのって厭なものなのだ。

1965年公開の『飢餓海峡』(モノクロ)は、映画版のリメイクはまだない。
なので、この誰もが知る名作が、安易な駄作リメイク♪の餌食になる可能性は十分…ある。
TV局とタイアップして、リメイクを計画する大手芸能事務所とか…あるのでは?
な~んて邪推を禁じ得ない。

思い当たる「邪推」配役は…
三国連太郎の役→息子・佐藤浩市(断る可能性大)、渡辺謙、豊川悦司、阿部寛あたり。
老刑事の役→北野武(断らないor断れない可能性大)
左幸子の役→宮沢りえ・米倉涼子・小雪・篠原涼子…あたりかなぁ。

計画はまだナイみたいだけど…駄作にリメイクするのは、絶対、絶対、ヤメて欲しいー!




クローバーフィールド/HAKAISHA
クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/05/22)
リジー・キャプランジェシカ・ルーカス

商品詳細を見る


■題名■クローバーフィールド/HAKAISHA 2008年 【米国】
■監督■マット・リーヴス
■出演■マイケル・スタール=デヴィッド/マイク・ヴォゲル/オデット・ユーストマン
      リジー・キャプラン/ジェシカ・ルーカス/T・J・ミラー
■製作■J・J・エイブラムス

お金の掛かった「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」という感じの手ブレ映画。
登場人物の誰にも感情移入は全く出来なかったけど、
日本の「ゴジラ」に対するオマージュ映画として見ると、それなりに面白かった。

クローバーフィールドのクローバーは、
放射線マークの「クローバー」からきているそうで…

放射線マーク

クローバーフィールドという題名は、核兵器を使用した土地という意味。
ビデオが「かつてセントラルパークと呼ばれていた地域で回収」とされ、
主人公の転勤赴任先が、唯一の核兵器被爆国である日本だったり…等、
ビデオに登場する主人公達が、「謎の生物」と「核」により、
悲劇的な結末に終わることが、冒頭から暗示されています。

だけど、
主人公達の行動パターンが幼稚というか、直情というか、余りにも無謀すぎるので、
感情移入が殆どできなくて困りました。
最近、主人公が敢えて危険を冒す時の動機付けが弱い映画が多いような…

せめて、ビデオを回し続ける友人男性の設定は、夜間モードも知らない機械オンチでなく、
「何でも録りたいオタク」にしておかないと説得力が無いと思います。

◆ここからはネタバレ◆
つづきを表示

黒い家 韓国版
黒い家 スペシャル・エディション [DVD]黒い家 スペシャル・エディション [DVD]
(2008/09/05)
ファン・ジョンミンカン・シニル

商品詳細を見る


■題名■黒い家 BLACK HOUSE 2007年 【韓国】
■監督■シン・テラ
■出演■ファン・ジョンミン/カン・シニル/ユソン/キム・ソヒョン/
■原作■貴志祐介

久し振りの更新~☆
バタバタしていましたが、映画を観る余裕ができたのでボチボチ更新するつもりです。

で、韓国版の黒い家ですが、
なんか普通のホラー映画という感じで、私には物足りなかったです。
上手な映画だけど、演出が上品すぎて…全然、怖くなかった。
韓国なら、壊れた女の毒々しい恐怖を日本よりエゲツナク描くのでは?と期待していたのに、
オーソドックスなホラーで、ちょっとガッカリしてしまいました。

何に一番ガッカリしたかといえば、壊れた女を演じる女優が美人すぎること。
韓国では美人でない女優がいないのかも?しれませんが、
憂い顔の美女が菰田幸子を演じるなんて…怖くもなければ面白くもない。
一見普通の主婦にみえるだらしない女が、とんでもなく壊れているから怖いのに。
…せめて主婦っぽく見える女優に演じて欲しかったです。

以下、追記で、ネタバレ&不満の数々~★
つづきを表示
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。