**cinema review**

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴーストライター
ゴーストライター [DVD]ゴーストライター [DVD]
(2012/02/02)
ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン 他

商品詳細を見る

■題名■ゴーストライター 2010年【仏・独・英】
■原題■The Ghost Writer
■監督■ロマン・ポランスキー
■脚本■ロマン・ポランスキー
■出演■ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン/キム・キャトラル/オリヴィア・ウィリアムズ
ティモシー・ハットン/トム・ウィルキンソン/ジム・ベルーシ/イーライ・ウォラック/ジョン・バーンサル

鬼才ポランスキー独特の緊迫感みなぎる描写が素晴らしく、何度も見直したくなる作品でした。

画面は暗~いモノトーンで統一されていて、
風がピューピュー吹いている日本海のように寒そうで荒れた海に囲まれた島といい、
やたらモダンな別荘と壁に掛った抽象的な絵、
秘書兼愛人を絵に描いたようなキム・キャトラル、
毒舌家で化粧っ気がなく白髪すら染めない首相夫人、
オドオドしたアジア系のメイドといい、
何から何までミステリアスで、意味あり気な伏線が散りばめられている感じ。
80歳でこのクオリティが撮れるのって…本当にスゴイ。

…ところで、
ユアン・マクレガーに仕事を持ってくる
商売人気質丸出しのエージェントを演じる俳優を、
どこかで見たけど思い出せないー誰だっけ???と、
ずーっとモヤモヤしていたのだけど、
CSチャンネルでや~っと判明。
米ドラマ『ウォーキング・デッド』で、
煩悩まみれの強欲トラブルメーカーのシェーンでした~☆
あ~スッキリ♪
goosutoraitaa2.jpg

冒頭登場するハゲ頭の出版会社役員は、
故ジョン・ベルーシの弟ジム・ベルーシなんですね~(驚)
面影ないので配役を調べるまで全く気付きませんでした。
goosutoraitaa1.jpg

あと、ユアン・マクレガーが宿泊するホテルで、
時代掛かったメイドのコスプレで登場する受付嬢は、
エマニュエル・セニエとの間にできたポランスキーのお嬢さんだそうです。
goosutoraitaa7.jpg


以下、ネタバレです~☆
つづきを表示
スポンサーサイト

アレ?記事を書かないと、広告だけになっちゃう…の?
記事を書かずにいると、
広告が表示されるのは知っていたけど、
広告だけしか表示されないとは…驚。

リンクをよく使うので、
とりとめのない記事をUPしてとりあえずキープ。。。


キラー・インサイド・ミー
キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]キラー・インサイド・ミー [Blu-ray]
(2011/09/02)
ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン 他

商品詳細を見る

■題名■キラー・インサイド・ミー 2010年【米・英・カナダ・スウェーデン】
■原題■The KILLER INSIDE ME
■監督■マイケル・ウィンターボトム
■原作■ジム・トンプソン 『おれの中の殺し屋』扶桑社/『内なる殺人者』河出書房新社刊
■出演■ケイシー・アフレック/ジェシカ・アルバ/ケイト・ハドソン/サイモン・ベイカー

あのキューブリックやスティーブン・キングが大絶賛したジム・トンプソンの犯罪小説の映画化。

ドニゼッティの「愛の媚薬」から「人知れぬ涙」、
マーラーの交響曲第2番復活の第4楽章、
スペード・クーリの「Shame On You」など、選曲がサイコーに素晴らしかったです。
サントラ欲しくて探したけど、無かったのが本当に残念。。。

物語は、『アメリカン・サイコ』のベイトマンのような、
好青年とみなされ慕われているが、実は性的サディストの狂人が、
周囲の信頼を裏切りながら殺人を重ねていく…という、
超~私好みの映画ですが、
なんかこう…ハラハラドキドキ感に欠けるというか、、、
無防備な羊の群れに頭のオカシイ狼が紛れ込んでいる…という
恐怖・戦慄がイマイチ物足りなかったです。
社会派映画が多いウィンターボトム監督には、
エゴの為なら人殺しも厭わず、愛する女性を撲殺するのが超快感~♪
という良心の欠片もない鬼畜・狂人の物語は、畑違いだったのかもしれません。
『ブルーベルベット』『マルホランド・ドライブ』のデビット・リンチや、
『ノーカントリー』『ファーゴ』『ブラッド・シンプル』のコーエン兄弟辺りなら、
原作を超えるサスペンス映画になっていたのでは…?
なんてつい妄想してしまいました。

「物足りない」といえば…もう1つ。
ジェシカ・アルバの見えそうで絶対に見えない~中途半端なラブシーンには、
そんなに脱ぐのがイヤなら、娼婦の役で映画に出るんじゃねぇ!
という憤りを女ながらも禁じ得ませんでした。
脱ぐのを拒否る女優を、娼婦役で使う監督もどーかだけど、
「見えそうで見えない」ラブシーンは興醒めするだけだから、
ジェシカが許可した「お尻」メインでエロを追求して欲しかったです。

演技力&ラブシーンのエロさでは、ケイト・ハドソンの圧勝だったと思います。
…ただ、田舎の女教師をリアルに演じる為なのか、
妖精のように可憐だったケイトは、
すっかりオバさん化していて、変貌ぶりにちょっと驚きました。


以下、「続き」でネタバレです~☆
つづきを表示

やわらかい手
やわらかい手 スペシャル・エディション [DVD]やわらかい手
スペシャル・エディション
[DVD]

(2008/09/03)
マリアンヌ・フェイスフル
ミキ・マノイロヴィッチ

商品詳細を見る


■題名■やわらかい手 2007年【英・仏・独・ベルギー・ルクセンブルグ】
■監督■サム・ガルバルスキ
■出演■マリアンヌ・フェイスフル/ジェニー・アガター/ミキ・マノイロヴィッチ/

世知辛さ、人間臭さをリアルに感じさせながら、押しつけがましくなくハッピーになれる映画。
最近の日本映画は、こういったビターながらもジンワリ感慨にひたれる作品がなかなか無い。

かなりセクシャルな内容だけど、この映画は性的なことが主題ではない。
家族愛・人間同士の依存・束縛・信頼・絆…を描いている。

空虚な日々を送っていた熟年女性マギーは、
孫の手術費用を稼ぐ為に、家族に内緒で性風俗店で働くことになる。
そこで、予想外に売れっ子になったマギーは、自らの才能に驚きながらも、
認められることで自分の価値を感じて次第に前向きになり強くなっていく。

…やっぱり人間って、他人にナニかを認められるのって嬉しいですからね。
その上、お金が稼げるのだから、願ったり叶ったりなわけだけど、
息子夫婦や近所の人に誇れる仕事じゃないって処が…大問題。

以下はネタバレなので続きをどうぞ~☆
つづきを表示

LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ
LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ [DVD]LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ [DVD]
(2007/05/04)
吉井怜今宿麻美

商品詳細を見る


■題名■LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ 2006年【日】
■原作■やまじえびね
■監督■川野浩司
■出演■吉井怜/今宿麻美/高橋一生/石田衣良/

ゲイリブの教科書のような映画。
日本にはこういう映画は少ないから、若い同性愛者が観るには教育的にイイと思う。

だけど、映画としてみると深みが無い。
物語が浅いというか、ゲイリブ的予定調和というか、余りにもハッピーに展開するので、
「あー、やっぱりそうくるか」「世の中そんなに甘くないよ」って感じで興醒めなのだ。

巷に溢れる異性愛者が悦ぶ
偏見まみれのレズビアンとは一味違うハッピーなレズ映画を作ろう!
という製作者の気合いは伝わってくるが、
「これがLGBTの理想形ですわよ!」というような押しつけがましさが、
私には少々ウザかった。

原作がコミックだから?なのかもしれないけど、全てが「おとぎ話」のよう。
台詞は気恥ずかしさを感じるほど陳腐に感じられた。
こういうリアルさに欠ける映画に易々と感化される同性愛者って…いるのだろうか。

しかしよく考えてみたら、
日本映画で日陰の存在としてネガティブに描かれることが多い同性愛に対して、
「もっとポジティブになりましょう!」「堂々としましょう!」というメッセージは正当だ。
やたら「カムアウト」を推奨している処をみると、
若い世代の同性愛者を元気づけ、啓発・啓蒙する意図があるのだろう。

私にはどうしようもなくご都合主義で薄っぺらに思える脚本構成・台詞でも、
同性愛は恥じゃない、隠す必要はない、自分の性的嗜好を肯定し自分を愛しましょう♪
というポジティブなメッセージに主眼を置く同性愛者の観客からすれば、
同性愛に肯定的♪というだけで、元気が貰える素晴らしい映画!となるのかもしれない。

従って、
レズというか、同性愛というか、愛し合う2人って、もっとドロドロしてるんじゃ…?
人間って、世の中って、もっと複雑なんじゃ…?
ってな人には向かない映画だ。

若いレズビアンカップルを演じた2人の女優さんは、
父親を演じた小説家・石田衣良の数倍マシとはいえ、台詞が棒読みなのが残念だったが、
日本の若手女優にしては珍しく身体を張ってトップレスのラブシーンをこなし頑張っていた。
ヌードになることをやたら拡大解釈して大騒ぎする最近の日本の芸能界で、
こういう役をこなすのは、かなり勇気が必要だったと思う。
Copyright © KiLL Time Cinema. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。